MENU

安全でおすすめの子供用歯磨き粉を厳選!子供用歯磨き粉人気ランキング!

大切な子供の歯を虫歯から守るのは親としての大切な仕事。でも、そんな私たちの気持ちとは裏腹に子供にとっては毎晩の歯磨きタイムは嫌い・怖い・痛い・辛い、、、大っきらい!ほんとため息が出ちゃいますよねT T

何で子供は歯磨きを嫌がるの?何で子供は歯磨きをさせてくれないの?子供が嫌がらずに安全に使える歯磨き粉はないの?

そんな疑問やストレスを解消するための情報や商品を集めてみました!1つでも皆さんの参考になれば幸いです!

 

目次
・安全性にこだわった子供用歯磨き粉ランキングを紹介!
・虫歯ができない子供や大人が存在する事実をご存じですか?
・虫歯の原因をできるだけ分かりやすく説明します!
・BLIS M18が虫歯予防に効果がある理由とは?
・私がブリアンを子供用歯磨き粉としてもっともおすすめする理由
・子供用歯磨き粉のおすすめはブリアンに決まり!
・ブリアンの価格やっぱり高い?

 

安全性にこだわった子供用歯磨き粉ランキングを紹介!

子供用の歯磨き粉の目的は、子供の歯を虫歯から守ること。子供の体を守ってあげることです。

値段がただ安いだけ、ただ子供が大好きな甘い味を加えただけ、そんな目的を見失った歯磨き粉選びしていませんか?

私が考える理想の子供用歯磨き粉の条件は3つ!

 

・子供が嫌がらない・怖がらない!
・高い虫歯予防効果を持っている!
・安全性を考慮した商品設計をしている!

 

この条件を満たした子供用歯磨き粉をランキング形式でご紹介していきます!


人気ランキング第1位

『ブリアン』

安全でおすすめの子供用歯磨き粉を厳選!子供用歯磨き粉人気ランキング!
常識が覆る!次世代の虫歯予防アプローチを採用!
不要な成分を徹底排除!安全性は抜群!
磨き残しOK!うがい出来ない子供でも安心!
ブリアンのおすすめポイント!
ブリアンは、虫歯の原因菌そのものに働きかけることができる最先端の虫歯予防アプローチを家庭で行うことができる子供用歯磨き粉です。
虫歯から歯を守るのではなくて、虫歯になる理由そのものがなくなってしまう世界で初めての歯磨き粉。
虫歯にならない世界の2%の子供達の口内環境を擬似的に再現できる歯磨き粉はブリアンただひとつです。
安全性の高さも抜群の絶対おすすめ商品です!

→公式サイトはこちらをクリック



人気ランキング第2位

『テテオ歯磨きサポート 新習慣ジェル』

安全でおすすめの子供用歯磨き粉を厳選!子供用歯磨き粉人気ランキング!
赤ちゃんの口周りの発育を総合的に捉えるプライマリーオーラルケアの考え方を中心として生まれた子供用歯磨きジェルです。
従来の歯磨き粉ではお馴染みの薬用成分「フッ素」と酸を発生を予防するキシリトール配合の歯磨きサポート商品です。
子供が大好きなイチゴ味の他にもグレープ味とオレンジ味の3種類。子供の好みに合わせれるのが嬉しいポイント!

人気ランキング第3位

『パックスこどもジェルはみがき』

安全でおすすめの子供用歯磨き粉を厳選!子供用歯磨き粉人気ランキング!
子供の歯磨きにおいて不必要な「研磨剤」や「発泡剤」を排除した無駄のない商品設計が魅力の子供用歯磨き粉。
歯磨きに甘みをつけるための材料にキシリトールを配合しているのもポイントです!ただし、オレンジ&グレープフルーツ味なので、子供によっては好き嫌いが分かれてしまうかもしまいません。

ページの先頭に戻る

子供は何で歯磨きが嫌いなの?

大人にとっては当たり前の習慣の歯磨きですが、子供にとっては口の中に無理やり異物を入れられる行為にほかなりません。
いくらお大好きなママやパパが相手でも怖いものは怖いのでしょう。
それに子供の口の中の神経は、大人に比べて3倍近くも敏感だと言われています。

ついつい早く終わらせて上げたいと歯磨きする手に力が入り、大人が想像しているよりも遥かに痛い思いをさせていることが少なくありません。

いくら大好きなママやパパでも、強制的に歯磨きする時のママやパパは子供にとっては恐ろしい存在になっていたのかもしれません(笑)

でもせっかくこんなにストレスを抱えて、子供に痛い思いを我慢させてまで歯磨きをしていても虫歯を見つけた瞬間に全ての努力が水の泡になってしまいます。

ページの先頭に戻る

虫歯ができない子供や大人が存在する事実をご存じですか?

自分が子供だった当時や現在の子供のクラスメイトの中には虫歯が出来ない子供が存在しています。その確率は50人に1人、約2%の人間が虫歯ができない特異体質の持ち主なのです。
医療技術や虫歯の原因を解明するためのテクノロジーが進化したおかげで、この特異体質の秘密が解明されたようです。

その秘密がBLIS M18と呼ばれる善玉菌の存在です。

大人も子供も誰でも口の中に1,000億から2,000億の細菌が生息しています。この話しを聞いただけでもちょっと潔癖な私はうんざりしてしまいますが、必ずしも細菌=悪ではないようです。このあたりの話しは、最近爆発的に認知度が上がった腸内フローラでも流行った話題ですのでご存知の方も多いかと思います。

その細菌の中1つであるサリバリウス菌の希少種がBLIS M18の正体です。

世界の2%だけがが持っている希少種「BLIS M18」には、虫歯治療の常識を覆すほどの驚くべき力が備わっていました。

ページの先頭に戻る

虫歯の原因をできるだけ分かりやすく説明します!

虫歯の始まりである初期虫歯から泣きたくなるほどの激痛を発生させる後期虫歯まで、虫歯の症状が進行していくための要素は3つに絞られます。

 

・虫歯菌
・歯の質
・糖

 

すべての虫歯は、この3つの要素の三角関係のバランスによって発生します。実は、虫歯のメカニズムは想像しているよりもとてもシンプルなのです。

この三角関係のバランスが食生活や生活習慣、遺伝的要因、毎日の歯磨きなどのオーラルケアによって日々刻々と変化します。そして3要素をもとに口の中で陣取り合戦が行われています。

「体の抵抗力(善玉菌)」VS「虫歯菌(悪玉菌)」

虫歯菌が優勢に傾くと虫歯菌が作り出す酸によって歯を構成しているカルシウムやリン酸が溶けていきます。この現象を脱灰と言います。

反対に体の抵抗力が優位に傾くと、溶け出した歯を再び固め、歯の傷を補修したり、さらに溶けづらい歯へ歯質を変化させることができます。この現象を「再石灰化」とよびます。

虫歯が進行していくのは、脱灰のスピードに再石灰化がついていけなくなった時に起こります。

つまり体の抵抗力が虫歯菌の力を上回ることができれば虫歯の進行をとめることができます。

BLIS M18が虫歯予防に効果がある理由とは?

虫歯の原因を説明したところで世界で2%の人だけが持つ希少菌「BLIS M18」に話題を戻します。

BLIS M18が今注目を浴びているのは、虫歯予防に対するアプローチの考え方が基本的に違うためです。

従来のオーラルケアの中心成分である「フッ素」や「キシリトール」の目的は、

 

・歯の質を高め防御力を高める(歯の結晶構造を変換して脱灰を防ぐ)
・歯の回復力を高める(再石灰化を促す)
・虫歯菌の攻撃力を減らす(虫歯菌の酸の酸性を抑える)

 

この効果に対してBLIS M18を配合しているブリアンの目的は、

 

・虫歯菌の攻撃力を減らす(口の酸性化を中和する)
・虫歯菌の巣である歯垢を除去
・虫歯菌自体を攻撃し殺菌する

 

虫歯が出来ない子供の秘密である「BLIS M18」には、虫歯の根本原因であるミュータンス菌自体を攻撃して駆除してしまう攻撃力をもっているのです。

その攻撃力となるのがBacteriocin-like inhibitory substances、略してBLISという名前の抗菌ペプチド(タンパク質の1種)です。
BLISにより悪玉菌を攻撃することで

 

・虫歯菌の数が減少
・善玉菌の数が増える(BLIS M18は善玉菌)
・善玉菌優位の口内環境になる

 

何とか除菌の難を逃れた悪玉菌も善玉菌優位の口内環境の中では、脱灰を起こすほどの酸の生成はできません。

その結果、虫歯という感染症が起こりえない口内環境に変化させてしまうのがブリアンの高い効果を支える秘密のようです。

ページの先頭に戻る

従来の殺菌剤とブリアンの違いは?
従来の子供用歯磨きにも、悪玉菌であるミュータンス菌を殺菌する成分は含まれていました。

塩化ベンザルコニウムや塩化ベンゼトニウムが歯磨き粉の殺菌剤として有名な成分ですが、子供にできれば与えたくない有害性の強い成分の1つです。

それだけではなく従来の子供用歯磨き粉に含まれた殺菌剤には致命的な弱点があります。

虫歯菌から歯を守ってくれる善玉菌まで全て殺菌してしまうことです。

私自身も小さい頃から親が買ってきてくれた歯磨き粉を使って毎日必ず歯を磨く習慣はありました。フッ素も殺菌剤も入った歯磨き粉で毎日欠かさず歯磨きをしていました。それでも虫歯になってしまうのです。
これだけ多くの歯磨き粉が発売されていて歯磨き習慣は日本人にもしっかり根付いているはずです。ですが、未だに歯医者さんの数は信号機の数よりも多いのです。

私がブリアンを子供用歯磨き粉としてもっともおすすめする理由

ブリアンの効果を支えるメカニズムと高い効果を考えれば、ブリアンは大人の方にも是非おすすめしたい歯磨き粉です。実際に大人になってもミントやメンソールの歯磨きに慣れることができずに子供用歯磨き粉を使っている方は多くいるようです。

でもやはりブリアンは、まだ1人で歯磨きができない小さなお子さんにこそおすすめしたい歯磨き粉です。その理由はブリアンには以下のメリットがあるためです。

 

・磨き残しをしても大丈夫
・ブラッシングがメインのケアではないため痛がらない
・うがいができなくても大丈夫
・隙間磨きも簡単に済ませられる
・本当に甘くておいしい(笑)

 

本当に甘くておいしいももちろんおすすめの理由のひとつですが、何よりもブリアンを実際に使って画期的だと感じたのは磨き残しのリスクが軽減できることです。
世界の虫歯にならない2%の子供達は、ジュースやお菓子を食べないわけでも、1日に10回も歯磨きをしているわけではありません。

ほとんどの子ども達が大好きな甘いものを食べて、歯磨きを例えサボりがちになっていても虫歯ができない子もいるそうです。

甘いものを食べたり磨き残しの食べかすが口の中に残るリスクは、虫歯菌が酸を作り出すための原因であるプラークの形成を手伝ってしまうところにあります。

従来のブラッシングメインの歯磨きは、歯磨き粉のメイン成分であるフッ素やキシリトールを発泡剤により口の中に拡散、それと同時に研磨剤とブブラッシングにより歯垢(プラーク)を削り取ることを目的としています。

それに対してブリアンは、ブラッシングはあくまでサブとしての役割でブリス菌を口内に拡散することで虫歯予防効果を発揮することができます。削り取るというニュアンスではなく、善玉菌を塗りこむようなイメージでブラッシングをしています。

そのため、大人の3倍繊細な感覚を持つ子供の口でも痛がる素振りはほとんど見せなくなりました。磨き残しに躍起になって力が入ることもなく、奥歯や歯の隙間、歯周ポケットなどの細かく磨くことが難しい部分の仕上げ磨きにかかる時間も労力も少なくなり毎日の歯磨きが楽になります。

さすがにブラッシングをまったくしないというのはNGみたいですが、子供が泣き叫んで逃げ出そうとする回数は間違いなく減少しました。

正直、本当に効果があるのかは歯医者さんで行ってもらった定期検診で「問題ないですよ」と直接言われるまで不安でした。ですが、歯科検診で歯医者さんのお墨付きをもらえてからは自信を持ってブリアンを使えています。

歯ブラシを口を入れることもできないくらいのお子さんを持つ方には、自分で歯磨きができるまでの期間だけでもブリアンを使ってみることをおすすめします。

ページの先頭に戻る

子供用歯磨き粉のおすすめはブリアンに決まり!

今では、虫歯予防の常識となっているキシリトールも20年前の日本では歯科医療関係者ですら聞いたことのない成分だったそうです。そして、その当時にキシリトールをすでに試験的に使用していたのがスウェーデンなどの予防歯科先進国です。

その時に新常識として日本の歯科医師が持ち帰ってきたキシリトールは現在では常識になっています。

BLIS M18自体は世界ではすでに医療現場でのプロケアでも使われている医学的なエビデンスを持った成分です。その成分を日本の技術が初めて歯磨き粉として加工することに成功した商品、それがブリアンです。

腸内フローラが爆発的に認知された今、同じ考え方を持つブリアンが子供の歯磨き粉の常識になる日もすぐ迫ってきていると個人的には思っています。実際にブリアンのネットでの検索需要を調べてみるといかに関心が高まっているかがわかります。

今後もブリアンの知名度はどんどん上がっていくと思います。

→公式ページはこちらをクリック

ブリアンの価格やっぱり高い?
ブリアンはなかなか商品価格が高く手が出しづらいと思いますが、虫歯にかかるコストや子供を歯医者に連れていくためにパートのお仕事をお休みさせて頂く手間や給料の減少のことをまで考えれば旦那を説得する材料くらいにはなりました(笑)

何よりも子供に虫歯にならない口内環境や痛くない歯磨きの時間をプレゼントできるなら、考え方によっては少し高めのサプリと同価格くらいだしいいかという気持ちで思いっきって購入しました。

子供の歯磨きに手のかかる時期だけでもブリアンのメリットは十分に伝わると思います。

この表記をされると2回目以降7,800円に戻るように錯覚しますが、実は定期購入で3ヶ月以上で購入するなら

 

・1回目:3,919円
・2回目:4,980円
・3回目以降:4,482円

 

このように3ヶ月目以降も初回価格から500円程度しか変わりません。

さらにブリアンでも現状が変わらない場合は、定期購入で購入しておけば60日間返金保証という裏ワザもあります。


この2ヶ月のお試し期間があれば子供とブリアンの相性は判断できます。

是非、定期購入割引や返金保証制度をうまく活用しながらブリアンの効果や子供との相性を確かめてみてくださいね!

ブリアンのより詳しい情報は公式ページをご確認下さい。

→公式ページはこちらをクリック

ページの先頭に戻る