MENU

虫歯になりやすい体質ってあるの?子供に虫歯体質は遺伝する?

虫歯体質という言葉を聞いたことがありますか?

自分の家族は虫歯が多い、歯科にちゃんと通っているのに虫歯を繰り返してしまう…これって遺伝なのかな?と思う方少なくないと思います。

もしそれが遺伝なら自分の子どもも虫歯体質になってしまうの?とちょっと不安になってしまいますよね。

今回は虫歯と遺伝の関係性や虫歯体質にならないための予防法をまとめてみました。子どもの頃の口内環境が虫歯体質の原因となり、大人になっても深く関係していきます。

虫歯体質を作ってしまう原因も当たり前のようにしている普段の行動かもしれません。是非、参考にしてみて下さい!

虫歯は遺伝するの?原因は?

虫歯の遺伝は諸説ありますが、生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌は一切存在しません。

実は、虫歯とは感染症で成長する過程で感染することにより発生します。例えば、子どもに大人と一緒のお箸やスプーンで食べさせたり、使っている食器が不衛生だっだり、虫歯菌を持った子どもが使ったおもちゃを口に入れたりなめるなどにより簡単に感染してしまいます。

大人から赤ちゃんへのキスも感染の原因の1つです。大人の持っている虫歯菌の量は個人で大きく異なりますが、誰の口にも虫歯菌は必ず存在しています。

日常の些細な行為のひとつひとつが子どもに菌を移してしまう原因となっているのです。

遺伝だと思われてしまうのは家族が同じ環境で生活をし、箸やスプーンを共同で使う環境が当たり前になっているためです。家族間での感染が広がり虫歯体質が引き継がれてしまうのです。

また、歯列も虫歯に大きく影響します。歯列はほとんど遺伝によって決まります。歯列は、虫歯の発生と密接な関係を持っています。ですので、虫歯菌自体が遺伝するわけではなく、虫歯ができやすい環境や習慣が似てくることが虫歯遺伝の正体になります。

子供の虫歯体質をチェックする方法はあるの?

虫歯体質は家や歯科で簡単にチェックすることが出来ます。

虫歯体質の検査は主にカリエスリスクテストとサリバテストの2種類があります。

カリエスリスクとは虫歯になる危険度のことでそれを唾液の量や質、歯の質や食生活から導き出す検査のことです。検査を受けると虫歯になりやすいかどうか、その原因、予防法などわかりやすく判定してもらうことができます。

もう1つは、サリバテストといいこれは唾液の検査で虫歯のリスクがどの程度あるのかを確認するテストです。この検査で自分は虫歯ができやすい体質なのかどうかわかることで今後のケアや歯科に行く頻度を把握することが出来ます。どちらも歯科で受けられ子どもでも簡単にできる内容の検査です。サリバテストはホームキットもあるようなので気になる方は検討してみてくださいね。

子供の虫歯体質は改善できるの?

虫歯体質を改善することは出来ます。

子どもの虫歯体質を治すには大人も一緒ですが虫歯のできにくい口内環境を作ることで虫歯体質は改善することができます。歯列が原因の虫歯体質の場合、歯列矯正をすることで虫歯体質が改善することも多くあります。ですが、歯列矯正は、高額なうえ時間がかかりますのでそれ意外の改善策をとるか矯正を行うかを決めてあげなければいけません。

虫歯体質の改善は、日常生活の中では食器の使いまわしや同じ箸、スプーンを使うことをやめる、清潔なものを使うなど虫歯菌の感染を意識することからはじめましょう。

そして、食後に正しい歯磨きをするのはもちろんですが虫歯菌を意識したオーラルケアをすることが重要なポイントになります。


虫歯体質の改善にもっともおすすめの商品は、ウィステリア製薬の子ども用歯磨き粉ブリアンです。虫歯にならない世界中の子どもの2%しかもたないBLIS M18という菌が含まれており虫歯菌を除去し虫歯のできにくい口内環境を作ってくれる素晴らしい子供用歯磨き粉です。

従来の歯磨き粉と比較すると少し価格が高いことが難点ですが、歯列矯正や定期的なプロケア(プロが行うケア)にかかるコストと比較するとそれほど気にする価格ではないと思います。

日本の保険制度では、虫歯の「治療」に関しては保険を適用することができますが、歯列の矯正や予防に関する処置の場合は残念ながら自費治療になってしまいます。

前述の通り、生活環境や習慣を変えない限り何度も虫歯菌は感染しまいますので、虫歯体質を改善するには虫歯ができない口内環境を作ってしまうことが1番の近道になります。
ブリアンのブリアンの新しいメカニズムを知り、実際に使用してみると子供虫歯体質の改善にピッタリだと感じます。

虫歯になりやすいと自覚がある方は是非一度お試しください。(ブリアンの詳しい情報はこちら「BLIS M18について徹底調査!大注目の虫歯予防成分をブリス菌とは?」)

虫歯体質のまとめ

子どもの虫歯は親にとって気になる問題の1つです。子どもの頃の口内環境は大人になっても大きく影響するので小さいうちから十分に注意を払って上げる必要があります。

虫歯は大人へと成長して行くほど感染しづらくなっていきます。反対に、子供の口はいとも簡単に虫歯に感染し虫歯体質を引き寄せてしまいます。

出来る限り小さいうちに虫歯になりづらい口内環境を作る手助けをしてあげることで、生涯虫歯の悩みを抱えることのない健康な口をプレゼントしてあげることができます。