MENU

子供の口臭を防ぐ子供用歯磨き粉を特集!口臭の原因や効果の高い選び方!

子供の口臭がひどい、原因は何?

口臭の悩みは大人が抱えるものと思っていませんか?、実は最近子供の口臭に悩む親御さんが増えています。

口臭を放置すれば、子供は大人と違ってストレートに思ったことを言うため、「〇〇ちゃん臭いからあっち行って!」などお子さんがつらい思いをしたり、いじめにつながることにもなりかねません。

毎日ちゃんと歯磨きしているし虫歯もないはずだけど?
何か病気なのでは?
口臭が発生する原因って?

多くの子育て世代の方が気になる子供の口臭に関して、その原因と対策についてご紹介していきます。


子供の口臭が発生する3つの原因と対策は?

子供の口臭が発生するのは大きく3つの原因があるとされています。
  • 口呼吸が原因
  • 不完全な歯磨きが原因
  • 虫歯が原因
匂いの強い食べ物を食べた場合の一過性のものなどは気にしなくて大丈夫ですが慢性的に口臭が気になる場合は注意が必要です。

原因1:口呼吸によるもの

原因1:口呼吸

小さなお子さんは風邪をひきやすく鼻が詰まりがちなのに加えて、自分で上手に鼻をかむことができません。そのため口呼吸になってしまうことが多く口呼吸による口腔内の乾燥(ドライマウス)が口臭の原因となります。

唾液は本来殺菌作用や、口腔内のばい菌を洗い流す働きがありますが、口呼吸により口腔内が乾燥すると唾液中の免疫成分が作用しなくなります。

そのため口の中の細菌環境が悪化し、口臭も強くなります。

また、口の中の粘膜抵抗力も低下するため、口臭だけでなく口内炎のリスクも高まります。

大人なら誰でも、寝起きに口の中が乾きネバネバしたり、口臭を感じることがありますが、口呼吸による唾液の減少により起こる現象です。

口呼吸が長引くと、蓄膿症や中耳炎等耳鼻科系の疾患にも発展し、それがさらなる口臭の原因となるケースも多数ありますので注意が必要です。

また、唾液には歯の再石灰化(細菌が作り出した酸を中和し、溶け出してしまったカルシウムやリンを歯の表面に戻す働き)を促進する働きもあるため、ドライマウスが続くと虫歯になりやすくなってしまうなど様々な口腔トラブルを引き起こす原因となります。

口呼吸を防ぐ対策

呼吸の原因が鼻炎などの病気による場合は医療機関での治療が必要ですが、呼吸の癖による場合は鼻呼吸がスムーズに行えるようトレーニングをするのが効果的です。

鼻呼吸になれば、口腔内の唾液が増加し効果的に子供の口臭を予防することができます。

シュガーレスガムを噛む

口臭対策1:シュガーレスガムを噛む

口呼吸が習慣になっている子供の多くは、口の中の筋肉が未発達のケースが多くみられます。

ガムを噛める年齢であれば、ガムを噛むことで口腔内の筋肉を簡単に鍛えることができます。

また、子供と一緒に遊びながら風船やガム風船を膨らませることも有効です。

風船をふくらませることで鼻呼吸へシフトします


まだガムを噛めないお子さんの場合は、普段の食事で野菜を大きめに切るなどして租借回数を増やすようにするのが効果的です。

1回につき30回噛むのが理想とされています。
口の内側をマッサージする
もしお子さんが口の中にママが手をいれることに抵抗がないようなら、歯磨きの前に頬の内側に指をいれて優しくマッサージし内側の粘膜を刺激してあげるのもおすすめです。

子供の定期歯科検診の際に、歯科衛生士さんに教わった方法で、口の内側の筋肉を効率的に鍛えることができます。

原因2:歯磨きがしっかりできていない

当然、歯磨き不足により口臭は悪化します

口臭の多くの理由として、歯磨き不足による口内環境の乱れがあります。

まだまだ小さい子供に歯ブラシを持たせ歯磨きをさせても、細かな食べかすや汚れは落とし切れず、汚れが蓄積することで歯垢となり強い口臭が発生するようになります

また、磨き残しをエサとして雑菌が繁殖することも大きな口臭の原因に繋がります。

はみがき不足が原因の口臭対策

小さいうちは、自分で歯磨きできるようになってもどうしても磨き残しや、細かい食べかすが歯の隙間に残りがちです。

必ず親御さんが仕上げ磨きをするようにし、できれば一度かかりつけの歯医者さんで歯磨き指導をうけることをおすすめします。

歯科衛生士から正しいブラッシング方法を教わり、力加減や細かいブラシの動かし方がわかれば効率よく汚れを落とすことができます。

また、子供用のフロスを使い歯間の汚れを丁寧にとって上げることで口臭の発生を緩和することができます。

ブラッシング指導を受け正しい歯磨きを学びましょう

原因3:虫歯がある

虫歯菌は腐敗臭がするともいわれ独特のにおいがあり、それが口臭の原因となっているケースも多々あります。

虫歯になって歯に穴が開いた部分に食べかすや汚れがつまり、それが腐ってガスが発生し腐敗臭がするのが口臭の大きな原因になります。

虫歯ができてしまう口腔環境の時点で、口臭が発生しやすい環境が整っているようなものです。

口臭と虫歯の関係は切っても切れない関係ですので、子供の口臭予防と虫歯予防は同時進行で行ないましょう。

虫歯ができる=口臭が発生する口腔環境になっています

虫歯が原因の口臭の対策

虫歯ができてしまったら一刻も早く歯医者さんに受診して、治療をすることが必須です。

日々の生活では、虫歯予防対策として以下のポイントを意識しましょう。
  • しっかりとブラッシング、歯垢を溜めない
  • 間食をさせない
  • 水分は水かお茶で補給する
当たり前のポイントですが、子供を虫歯から守るために特に重要なポイントになります。

また、虫歯になりにくい子供の歯に多く存在するBLIS M18という善玉菌が最近虫歯予防に非常に効果的として注目を集めています。

口臭の元、諸悪の根源である虫歯菌のエサとなる歯垢を除去し、虫歯菌の増殖を食い止めてくれる子育てママの救世主のような新成分です。

BLIS M18を使用した歯磨き粉を後ほど紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

→BLIS M18を使用した歯磨き粉を見る


話題のプロバイオティクスと口臭の関係

最近、テレビや雑誌等で口臭予防に効果があるとして多数とりあげられ、歯科医院での口臭治療にも使用される機会が増えてきた新しいアプローチとして、プロバイオティクスを利用したオーラルケアがあります。

プロバイオティクスとは、乳酸菌等の善玉菌をはじめとする「人体の健康のために役立つ微生物」ならびに、それを含んだ製品を指します。

皆さんも知っての通り、口腔内にはたくさんの細菌が存在し、悪玉菌と呼ばれる身体に有害となる細菌も存在します。

口の中にも悪玉菌がウジャウジャいます

虫歯菌(ミュータンス菌)や、歯周病菌(ポルフィノモナス・ジンジバリス菌)などが代表で、口の中に残った食べかすやタンパク質を分解したのち腐敗させるため口臭の原因となるガスを発生させています。

特定の種類のプロバイオティクスにはこれらの悪玉菌を抑え、口腔環境を整える働きがあることが分かり、口臭・虫歯・歯周病予防への応用が注目を浴びています。

口臭を防ぐ子供用歯磨き粉の特徴と選び方って?

子供の口臭を防ぐために欠かせないのが、毎日のしっかりとした歯磨きです。

歯磨きによって食べかすや汚れをしっかり取り除くことで、口臭のもととなる悪玉菌や虫歯菌を撃退します。

そのためには、歯磨き粉も成分や効果を把握したうえでアイテムを選ぶ必要があります。

おすすめの選び方の軸は2つ、プロバイオティクス配合の商品かフッ素配合の商品になります。

口臭予防歯磨き粉おすすめの選び方

小さなうちは、歯磨きをした後のうがいがなかなか上手にできず、時には歯磨き粉を飲み込んでしまうこともあります。ですから、殺菌剤や界面活性剤、発泡剤等が極力入っていない安全性の高いものを選ぶことが大切です。

子供の口臭予防におすすめのアイテム7選

私自身色々試し、周囲のママ友へのリサーチ、ネット上でのリサーチも行った結果、口臭予防の評判の高いおすすめの歯磨き粉をご紹介します。

ブリアン

ブリアン

虫歯の原因菌「ミュースタン連鎖球菌」を撃退するBLIS M18を配合した歯磨き粉です。

虫歯菌だけでなく、虫歯菌の餌である歯垢も細かな粒子がしっかり取り除き虫歯を予防します。

すでに虫歯菌に感染している場合でも虫歯になりずらい口内環境に改善することができるため、メディアでも大きく注目を浴びている商品です。

泡立ちをよくするためだけの不必要な発泡剤や、界面活性剤・添加物・殺菌剤などはすべて不使用ですので、うっかり飲み込んだとしても慌てる必要がなく安心して使える点も◎。

味も子供なら誰もが好きなイチゴ味で歯磨きを嫌がる子供にもおすすめの商品になりまう。

虫歯だけなく口臭予防に効果的な商品です。

ブリアンについてのより詳しい情報は関連ページ、または公式ページをご確認ください!

→公式ページはこちらをクリック


パックス こどもジェルはみがき

パックスこどもジェル歯磨き

完全無添加ではないですが、研磨剤、発泡剤、不合成界面活性剤、サッカリン、防腐剤不使用のジェルタイプのはみがき剤。

安全性の高い成分構成だけでなく、価格も300円前後とお求めやすくなっているため人気の高い商品です。

発泡剤入りの歯磨きは、過剰な泡立ちにより、しっかりと磨けていると錯覚しがちで、うがいをしてみたら実は汚れが全然落ちていないことが少なくありません。

特に幼いうちは、歯も小さいため細かい部分の汚れが泡に隠れて見逃されがちなので、ジェルタイプや粉タイプの歯磨き粉がおすすめです。

味は子供が喜ぶオレンジ&グレープフルーツ味ですが、ハッカ油が配合されているためミント系の清涼感が苦手な子供に不向きな商品になります。

コンビ teteo 歯磨きジェル

コンビ teteo 歯磨きジェル

大手ベビー用品メーカーコンビのフッ素配合歯磨きジェルです。

子供がはみがき嫌いにならず楽しくはみがきできるように「グレープ」「オレンジ」「ストロベリー」の3つのフルーツ味を展開しています。

歯を強くするフッ素&甘味料には虫歯にならないキシリトールが使用されており、発泡剤・研磨剤・着色料が無添加で安全性も高い商品になります。

アラウベビー 歯磨きジェル

アラウベビー 歯磨きジェル

赤ちゃんのための安心無添加歯磨きジェルです。

石油合成界面活性剤・合成香料・着色料・防腐剤・保存料・研磨剤・発泡剤不使用で原料は食品由来+天然ハーブ由来なので安心して使用できます。

ジェルの味は子供が喜ぶみかん味で、天然精油使用なので子供の健康を考え無添加にこだわる方に支持されています。

定価は市販品の中では少し高めの600円です。

歯磨きをし始めの小さなお子さんが、歯磨きを嫌がらず毎日の習慣とするのをサポートするというコンセプトの人気商品のひとつです。

レノビーゴ

レノビーゴ

家庭用のフッ素スプレーです。

フッ素といえば歯科医や自治体の検診等で塗布してもらう機会が多いですが、待ち時間があったり、歯医者嫌いのお子さんが泣いたりと親にとってはかなり大変。

レノビーゴは毎日歯磨きで汚れを一通り落とした後に歯ブラシにシュッと吹きかけ全体になじませるだけで手軽にフッ素塗布ができるので手軽でおすすめです。

フッ素に関しては、かなり多くの方が定期的にお子さんに塗布をしていると思いますが、フッ素を塗布していたにもかかわらず虫歯になってしまったという人が結構います。

実は、フッ素には歯を強くする効果はありますが、虫歯菌や歯垢の除去をする効果はありません。 

多くの子供用歯磨き粉には、フッ素以外にも殺菌剤や除菌剤が含まれているのはフッ素自体に虫歯菌を駆除するチカラがないためです。

フッ素を塗布しているからと安心せずに、虫歯菌の対応を念頭に起き商品選びをしましょう。

モンダミンKIDS

モンダミンKIDS

洗口剤で有名なモンダミンの子供用洗口剤が「モンダミンKIDS」です。コーティング成分と殺菌成分のダブルの働きでくちゅくちゅうがいをするだけで虫歯を予防してくれます。くちゅくちゅうがいができるようになる5歳前後を目安にお使いいただけます。

大人用と違い、子供でもスムーズにうがいができるようぶどうやいちごの味がついています。

お子さんの磨き残しが気になるとき、ノンアルコール処方なのでおたふくや手足口病など子供特有の感染症で歯磨きがつらいときなどにも手軽に利用できておすすめです。

オーラバリア

大手お菓子メーカー森永が製造販売している口臭予防に効果的な特許取得の舐めるタイプのタブレットです。

ありがちなミント系のタブレットと異なり香りでごまかすのではなく、口臭の原因となる菌に直接働きかけてくれます。

爽やかなレモン味でとても食べやすいので、フリスクなどミント系のタブレットのスースーした刺激が苦手なお子さんのおやつ替わりに取り入れてみるのもおすすめです。

ただし、粒が直径1.5センチと少し大きめですので、飲み込みが上手にできない小さなお子さんにはおすすめできません。

歯磨きによって汚れを取り除き口腔環境を整えるという、子供にとって根本的な口臭ケアではないですが気になるニオイを抑える効果が期待できます。

子供の口臭対策と虫歯予防からはじめましょう

子供の口臭対策の基本は、毎日の歯磨きを徹底すること

子供の口臭対策と毎日の歯磨きの徹底は切っても切り離せない関係です。

理由や原因がないのに、子供の口からイヤなニオイがすることなんてあり得ません。

虫歯や口臭が発生するのは、子供の口の中の環境が虫歯菌の住みやすい環境になっていることに他なりませんので魔法のような手段を探さずに毎日の歯磨きを子供が楽しめるような環境を整えてあげましょう。

子供が歯磨きを嫌がる場合や積極的に歯磨きをしてくれない場合にも必ず理由がありますので、しっかりと子供の声を聞いてあげるようにしてください!