MENU

子供の虫歯菌を減らすには?虫歯菌に強い歯を作る食べ物や飲み物とは?

虫歯の症状が進行に関わる大切な3つの要素があります。1つは、歯の質そのものです。もう1つは糖分。そして最後の1つが虫歯の全ての元凶である虫歯菌と呼ばれる細菌です。

このページではお子さんの歯を蝕む「虫歯菌」とはどのようなものなのか?虫歯菌が増えやすいのはどんな子供か?虫歯菌から歯を守るために効果的な食べ物や飲み物を紹介していきます。

虫歯菌とはどのような菌なの?

虫歯菌って聞いたことはあるけれど具体的にどのようなものをいうのか知らない方が多いのではないでしょうか。

虫歯菌にはいくつか種類がありますが、大きく分けて二つの菌があります。

・ミュースタンス菌
歯の表面に残った歯垢の糖質から酸を発生させて、歯の主成分であるカルシウムやリンを溶かしてしまう恐ろしい菌です。虫歯のきっかけを作る菌です。

・ラクトバチラス菌
自然界に広く存在する菌なのですがミュースタンス菌によって作り出された虫歯にすみつき、進行させる特性があります。口の中が不衛生な場合や、糖分が多い場合に増殖しやすく、虫歯の中に生息することを好みます。
ですが、言い換えるとミュースタンス菌による虫歯がない状態ではラクトバチラス菌は増殖しづらく、ミュースタンス菌を撃退できるかどうかが虫歯予防の中心的な考えになります。

虫歯菌が増えやすい子供とは?

虫歯菌は食べ物の中に含まれる糖質を餌に増殖を繰り返していきます。
そのため、以下の傾向を持つ子供は虫歯菌の増殖がしやすい口内環境になっています。

 

・キャンディーやあめ、グミが大好きな子供
・間食が多い子供
・清涼飲料水やジュースを好む人

 

上記に該当する子供は、歯の表面が酸にさらされる頻度が多く虫歯菌が増殖しやすくなっています。そのため、虫歯リスクが極端に高くなっていると言えます。

また歯の質によっても虫歯菌が増殖しやすい人がいます。エナメル質・象牙質の状態が悪いと虫歯になりやすくなる傾向があります。特に乳歯・永久歯が生えたばかりのお子さんはまだ歯質が安定していないため注意が必要です。

虫歯菌に負けない強い歯を作る食べ物や飲み物とは?

虫歯の進行を止める、または虫歯になりづらい歯を作るためには、虫歯菌が発生する酸に負けない歯を作り上げる必要があります。

歯の表面を構成しているエナメル質は、体の中でもっとも硬い組織ですが酸に対しては極端に弱い性質を持っています。口の中で酸性に傾いても溶けづらく、溶け出してしまった時でもすぐに再石灰化して回復できる歯が強い歯と言えます。 

脱灰(酸によって歯のカルシウムやリンが溶け出している状態)が起きているときの歯は、歯磨き粉の研磨剤で削れてしまうほど柔らかくなっています。

さらに子供の歯はもともと大人の歯に比べて柔らかいため、特に虫歯菌に負けない強い歯を作っていく必要があります。

 

◆健康な歯の土台となり、歯を強くする食べ物

・カルシウム
役割:歯を強くする。
多く含む食べ物:小魚・桜エビ・ひじき・チーズ・しらす・いわし・わかさぎ 

・リン
役割:骨や歯を作り糖質の代謝を高める。
多く含む食べ物:しらす・プロセスチーズ・卵黄・いくら 

・ビタミンD
役割:カルシウムの吸収を助ける。
多く含む食べ物:しいたけ・きくらげ・いわし・紅鮭・サーモン

・ビタミンA
役割:エナメル質の強化
多く含む食べ物:人参・パセリ・海苔・わかめ

・ビタミンC
役割:象牙質の強化
多く含む食べ物:レモン・焼きのり・パセリ・イチゴ・ケール

子供も大人も体の作りの基本は、食べ物による栄養摂取が基本です。これらの食材を積極的に食べさせることで虫歯が進行しづらい歯を作ることができます。

 

◆健康な歯の土台となり、歯を強くする飲み物

・牛乳
カルシウム豊富なので歯や骨の成長途上の小さな子供には必ず飲ませたい飲み物です。

・緑茶
カテキン(ポリフェノール)の抗菌作用と、含有されるフッ素の歯質強化作用・タンニンの殺菌作用で歯を守ります。

・ウーロン茶
発酵を途中で止めることにより発生する特有の苦味成分が歯垢の発生を抑制します。

 

これらの飲み物とは反対にペットボトルの清涼飲料水には、1本当たり想像以上の角砂糖が使用されています。だらだら飲み続けることで、虫歯菌にエサを与え続けることにも繋がってしまいます。

子供に飲ませる飲み物を選ぶときは、子供の相性と相談しながら出来る限り糖分の少ないものを選択することが大切です。

虫歯菌に負けない方法まとめ

子供の歯を虫歯菌から守ること、将来虫歯に悩まされないような土台づくりをしてあげることは親の大切な役割です。

大切なお子さんの未来のために是非小さいうちから虫歯菌を減らせるように、できる限りの対策は行ってあげるようにしたいものです。