MENU

バイオフィルムってなに?歯石や歯垢との違いと除去する方法!

バイオフィルムという言葉を聞いたことがありますか?虫歯予防やオーラルケアに関心の高い方はご存じかと思います。オーラルケアのCMなどでよく耳にしますが、バイオフィルムがあると口内環境にどのような影響を与えるので?そもそもバイオフィルムってどんなもの?歯石や歯垢とはどんな違いがあるの?子どもの口の中にも存在するの?などたくさんの疑問が浮かびます。

 

今回はバイオフィルムについて原因や除去法、予防法についてまとめました。バイオフィルムは放っておくと体にも影響するとても危険なものです。正しい知識を身につけて改善、対策をしていきましょう。

 

バイオフィルムとは?

そもそもバイオフィルムとは何でしょうか。バイオフィルムとは生物膜、菌膜ともいい個体の表面に細菌が集まり作られた構造体のことです。説明では難しいかもしれませんがバイオフィルムは自然界や日常生活の様々な場面で見られます。

 

例えばキッチンのまな板ヌメリやお風呂場の隅のヌメリ、川にある石の表面のヌメリなどがそうです。水分と物質がある場所では、どこでも出来るもので口の中でも同じものができてしまいます。

 

口内バイオフィルムと言われ、細菌が溜まり塊になって結びつき歯の表面にネバネバ、ヌルヌルとした膜を作り見た目だけではわかりにくいのが特徴です。口の中のねばつきや口臭が気になる方はこのバイオフィルムが原因である可能性があります。

バイオフィルムが身体に与える影響は?

バイオフィルムがあるとオーラルケアの殺菌成分が歯に届かないため虫歯の進行が早くなります。歯科での治療も長引いてしまい、虫歯は口臭の原因や早いうちから自分の歯がなくなってしまう原因にもなってしまいます。

 

また、菌が神経に到達し体内に入り込んでしまうと脳に感染して最悪死に至ってしまう症例も世界中で確認されています。虫歯菌による死亡事例は想像している以上に多くあります。その中でも日本人は、オーラルケアへの関心が低く歯科に行かずに虫歯を放置している方が多くみられます。痛みがない、ただの虫歯などとあなどってはとても危険なのです。

 

バイオフィルムと歯石と歯垢の違いとは?

このバイオフィルムと歯石、歯垢との違いは何でしょうか。

 

口内環境に悪影響を与えるという点は同じですが、歯石は唾液中の石灰成分や無機塩類が溜まって歯に付着し石のように固まったものを指します。そして、歯垢は歯の表面に付着した食べかすや細菌のことを呼びます。歯垢とバイオフィルムは、細菌という点では同じですがバイオフィルムは細菌が結びついた膜なので歯垢よりもとれにくいのが特徴です。

 

歯石と歯垢は普段のオーラルケアをしっかりとしていれば付着を予防できますが、できてしまったバイオフィルムはオーラルケアの成分が届きにくいため普段のケアでの除去は困難なのです。
4、子どものバイオフィルムケアについて
大人でさえ難しいバイオフィルムケアは子どもの場合どうすればいいのでしょうか。バイオフィルムの予防法は原因となる細菌をなくすことが重要です。ですが、うまく歯磨きをできない子どもの口内は食べかすが残りやすく汚れを取り切れていないことが多いです。仕上げ磨きをどんなに頑張ってもすべての菌はなくすことが出来ません。こまめに歯科に通いクリーニングをすることでバイオフィルムを防ぐことが出来ます。ですがこまめな通院は時間も費用もかかりお仕事をされている方は難しいですよね。歯科を嫌がる子どもも少なくないので泣きじゃくる子どもを連れていくのもかわいそうに感じる方も多いのではないでしょうか。毎日のオーラルケアでバイオフィルムも一緒に予防できないのでしょうか?

 

バイオフィルム予防におすすめのケアグッズを紹介!

バイオフィルムを予防するには殺菌効果のあるオーラルケアを使いましょう。またデンタルフロスや歯間ブラシも食べかすや菌を取り除く効果があるので毎日続けたいものです。ですが子どものオーラルケアって難しいですよね。フロスやブラシを嫌がる年齢の子どももいるし市販のケア商品はどれを選んでいいのかわからない…という方におすすめなのがウィステリア製薬の子ども用歯磨き粉ブリアンです。

 

ブリアンは世界で生まれつき虫歯にならない2%の子どもが持つBLIS M18という殺菌成分を配合し、菌の除去に重点を置いた世界初の歯磨き粉です。このBLIS M18は虫歯菌や口の中に入ってきた細菌と戦い虫歯にならない口内環境を作ります。ブリアンの成分は添加物を使っておらず、体に優しい成分だけで出来ているので子どもが飲み込んでしまっても大丈夫な商品設計がされています。またBLIS M18が生きたまま口の中に届くので毎日の歯磨きでバイオフィルム除去、虫歯の予防がを行うことができます。

 

個包装の粉状なので衛生的で小さな子どもにも使いやすく、うがいの必要もなく口に残ったものだけを吐いたらいいのでうまくうがいのできない子どもにもおすすめです。
歯科に通う手間と費用を考えれば日頃から家で出来るケアでバイオフィルムや虫歯対策を行いたいですよね。

バイオフィルム対策は子供のうちから習慣づける!

バイオフィルムは大人だけでなく子どもにもできてしまうとても危険なものです。バイオフィルムや虫歯を防ぐことは大人の責任でありオーラルケアの関心を幼児期から高めておくことで大人になっても継続してケアをすることが出来ます。

 

普段の歯磨きや虫歯予防の大切さを教えることが子どもを虫歯から守る第一歩になります。

 

そして子どもには体に安全な成分で出来た信頼できる商品を使ってあげましょう。これを機会に一度ご自宅で使われているオーラルケアの成分もチェックしてみてくださいね!