MENU

BLIS M18について徹底調査!大注目の虫歯予防成分をブリス菌とは?

腸内フローラ関連の爆発的な検索需要の影響か最近ではプロバイオティクスに関する情報を多くの人が求めているようです。プロバイオティクスとは、簡単に言えば体内にある善玉菌の働きを支えることで体の中を善玉菌優位で満たし悪玉菌による健康被害を未然に食い止めていこうとする考え方のことを言います。

今、このプロバイオティクスの発想を口腔内のトラブルにも持ち込み予防していく考え方が歯科医療の現場においても急速に普及しています。

このページでは、口腔内のプロバイオティクスの主役成分である「BLIS M18」=ブリス菌について徹底解説していきたいと思います。

BLIS M18通称ブリス菌って一体何?

BLIS M18(ブリス菌)とは、正式名称をストレプトコッカス・サリバリウスM18と呼びニュージーランドにおあるオタゴ大学のジョンタグ博士により発見されました。BLIS M18の発見は、アメリカの細菌学の専門誌「Journal of Clinical Microbiology」でも大きく取り上げられ世界中の細菌学者や歯科医療従事者に衝撃を与えました。

現在は、BLIS M18のあらゆる積極的な活用法を研究しているブリステクノロジー社によって商標登録されています。
BLIS M18(ブリス菌)は何がすごいの?
BLIS M18がすごいとされている1つのポイントが世界の全人口18億人のうちの2%、わずか3600万人の人間の口の中にしか存在していない希少な善玉菌と言う点です。
歯科医療の現場でも注目を浴びている理由は、BLIS M18(ブリス菌)が含まれた口内環境を持つ人は、甘いもの食べてもオーラルケアを徹底しなくても虫歯に極めてなりづらい特性を持っているとされるためです。
このBLIS M18(ブリス菌)の持つ特性を研究して予防歯科の予防レベルを一段階引き上げようという狙いがあるようです。

BLIS M18(ブリス菌)には本当に効果があるの?

とはいえ、インターネットを調べてみればBLIS M18(ブリス菌)の持つ効果を疑う口コミや意見を多く見ることがあります。
私も皆さんと同じくBLIS M18(ブリス菌)の効果を疑っていた1人です。その時に調べた情報を元にBLIS M18(ブリス菌)の効果を支えるメカニズムを一度分かりやすく整理してみたいと思います。

まず私達の口の中には100種類を超える細菌が1,000億匹以上存在していると言われています。
その中に口腔連鎖球菌(こうくうれんさきゅうきん)と呼ばれる、鎖状に連なった形を持つ丸い菌を持っています。BLIS M18(ブリス菌)の正式名称のストレプトコッカスとはこの連鎖球菌のことです。

口腔内に生息している連鎖球菌は大きく分けて4種類の群に分けられ、皆さんも馴染みのある名前の菌も登場します。
  • サリバリウス連鎖球菌
  • ミュータンス連鎖球菌
  • アンギーノサス連鎖球菌
  • ミティス連鎖球菌
このうちの数あるサリバリウス連鎖球菌の希少種がBLIS M18(ブリス菌)になります。そして、もう1つ赤字で示しているミュータンス連鎖球菌が虫歯の根本的な原因を作り出す口腔内の悪玉菌ミュータンス菌です。

皆さんの口の中にもサリバリウス連鎖球菌自体は無数に存在していますが、奇跡とも言える口内環境を持った2%の口の中にだけBLIS M18(ブリス菌)が含まれているそうです。

BLIS M18(ブリス菌)には、他のサリバリウス連鎖球菌にはない特別な能力が備わっています。

それが、Bacteriocin-like inhibitory substances頭文字をとってBLISと呼ばれている天然の抗菌剤(タンパク質)を産生する能力です。
このBLISの産生能力に加えて、同じく強い抗菌作用を持つ抗菌ペプチドである「サリバリシンA」や「サリバリシンB」の働きと連携して口の中の悪玉菌を駆除しているようです。

この働きがBLIS M18(ブリス菌)の効果を支えているメカニズムです。

BLIS M18(ブリス菌)をオーラルケア商品に活用するメリットは?

冒頭にもあったように最近では、BLIS M18(ブリス菌)の持つ特殊能力を様々な形で応用したオーラルケアが急速に広まって来ています。

その代表格とも言えるのが、BLIS M18(ブリス菌)を使用した世界初の歯磨き粉ブリアンです。

BLIS M18(ブリス菌)は、ミュータンス菌と同じく極小サイズの連鎖球菌のためとても細かい粒子で形成されています。

虫歯が出来ていく過程を想像して頂ければ分かると思いますが、虫歯菌は歯と歯の隙間や歯周ポケット、奥歯のさらに奥まで従来のブラッシングによる歯磨きでは届かない場所へも侵食します。極小サイズを持つBLIS M18(ブリス菌)は、この狭い隙間にもしっかり入り込んで虫歯菌を殺菌してくれます。

この細かい隙間にもしっかりと効果を届けることができるのがBLIS M18(ブリス菌)を使ったオーラルケアの最大のメリットと言えます。

皆さんも経験があると思いますが、歯磨きを嫌がる子供の歯を隅々まで磨ききるのは至難の業ですよね(汗)

BLIS M18(ブリス菌)を口の中に入れて歯ブラシを使って拡散するだけで生きた菌が口の中の隅々まで広がってくれるので、子供歯磨きや仕上げ磨きが本当に楽になります。歯磨きを痛がって泣き叫ぶこともほとんどなくなり、BLIS M18(ブリス菌)の大きなメリットを実感できています。

他にも歯垢そのものを除去する効果を持っていたり、酸性に傾いた口の中をアルカリ性に傾けるメリットもあります。

BLIS M18(ブリス菌)を使ったオーラルケアには、虫歯予防のメリットや子供の歯磨きに対するストレスや時間の軽減など多くのメリットがあることを実感しています。

BLIS M18(ブリス菌)にデメリットはあるの?

実際にBLIS M18(ブリス菌)を配合している商品を使って見てデメリットも確かにあると感じています。
◆デメリット1「使い始めは本当に効果があるか不安になる」
今このサイトで情報収集している方は、実際にBLIS M18(ブリス菌)に効果があるのかが1番気になっている懸念点だと思います。

購入をする前に一言お伝えしておきたいのは、「購入後もその心配はしばらく続く」という点です。

従来の発泡剤や研磨剤を使用した歯磨き粉やケアグッズと違い、BLIS M18(ブリス菌)は口の中に菌を広げることをメインのケアとしています。実際に私自身が前述のブリアンでの歯磨きを試してみましたが、ゴシゴシと歯を磨く必要もなく、口の中に爽快感が広がり、磨き上がりが気持ちいい!という感覚がほぼ残りません。

今まではこの爽快感=正しいケアという認識があるため、その違和感から本当にこれでいいのかなと正直感じました。でも、不思議と歯の表面はしっかりツルツルしています。

でも、この違和感は歯磨きをする習慣を持った大人だからこその発想かもしれません。

歯磨きが大嫌いな子供にとっては、爽快感なんてどうでもよく痛い思いや怖い思いをすることなく1秒でも早く歯磨きが終わってくれればそれで良いのかもしれません(笑)

BLIS M18(ブリス菌)はとてもデリケートな善玉菌でフッ素やマウスウォッシュでの+αの追加ケアも禁止ですので、その点で不安感が拭い切れない感覚があったのはBLIS M18(ブリス菌)を使ったケアのデメリットだと感じています。

◆デメリット2「通常のオーラルケアに比べてコストがかかる」
まだBLIS M18(ブリス菌)が広まりきっていない現時点では大きなデメリットかなと感じています。

コストが高い理由としては、BLIS M18(ブリス菌)自体が非常に希少価値の高い成分であることやBLIS M18(ブリス菌)の持つ本来の効果を下げないように製造・加工時や商品の輸送時に大きな配慮をする必要があるためだそうです。

まだまだBLIS M18(ブリス菌)を使ったケアはマイノリティ(少数派)ですが、腸内フローラの爆発的な普及も手伝って善玉菌の力を借りるプロバイオティクスの発想が歯科医療の現場にも広まってきているのは事実です。

ですので、国内においてもBLIS M18(ブリス菌)を使った商品を作る競合会社が増えてこれば、価格競争によって今よりももう少し安い価格で商品が買えるのではないかな、買えたらいいなぁーとは思っています(笑)