MENU

子どもの歯磨きの仕上げ磨きのコツは?仕上げに使えるアイテムを紹介!

皆さんは子どもの仕上げの歯磨きがちゃんとできていますか?

仕上げをしようとすると嫌がったり痛がったりするのでうまく磨けているか不安になりますよね。磨き残しがあると虫歯になってしまいそうで嫌がる子どものためにもスムーズに仕上げをしてあげたいものです。

今回は仕上げ磨きのコツや磨き残しのリスク、仕上げに使えるアイテムをまとめてみました。便利なデンタルグッズや絵本など親子で一緒に歯磨きの大切さを知ることができますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね!

磨き残しがあるとどうなるの?

当たり前ではありますが小さな子どもはまだうまく自分で歯磨きができません。ですので、毎日の食事や間食の残りがたまりやすく虫歯に繋がってしまいます。

子どもの乳歯は大人の永久歯に比べて口から入る成分を吸収しやすく虫歯の進行も大人より早いのです。また、食べかすが残っているとにおい(口臭)や色素沈着の原因ともなります。ですので、仕上げの歯磨きは子どもの歯を守る大切な習慣と言えます。

普段仕上げ磨きをしていない方は今日から是非始めてみてください!

仕上げ磨きを始める時期は歯が生え始める8か月頃が目安と言われています。歯の生え始めは子どもがむずがゆく感じるため長い時間は出来ないと思いますが、歯ブラシになれるところから徐々に始めていきましょう。

8か月頃からはじめて永久歯が生え揃う10歳くらいまで親がしっかりと仕上げ磨きをしてあげるのが望ましいとされています。

仕上げ磨きのコツとは?

自分の仕上げ磨きは上手くできているか不安な方は多いのではないでしょうか。

仕上げ磨きは歯ブラシの持ち方や磨き方も重要になります。

歯ブラシに力を加えずに軽く柄の先を持ち、歯の面に垂直にあてて細かく動かします。

時間はだいたい3分が目安で1つ1つを磨いたら歯と歯茎の間も磨きましょう。この時力を入れて磨くと出血や子どもが痛がって仕上げ磨きを嫌がる原因となるので特に注意が必要です。

また上唇の裏のスジに触れるのも嫌がるのでこちらも注意してください。負荷(力の入れ具合)はだいたい150g程で十分です。奥歯を磨くときは軽く頬を引っ張って奥から前へと動かして磨きます。

奥歯は特に磨き残しが多く虫歯になりやすい部分なのでしっかり磨いてあげましょう。

歯磨きをする度に仕上げをするのがベストですが時間がない時は夜寝る前に丁寧に磨いてあげましょう。虫歯菌は睡眠中に活動が活発化しますので、寝る前の歯磨きはとても大切になります。

子どもが使う歯ブラシはすぐに毛先が広がってしまいますが消耗品と考えて交換するか仕上げ用を別に揃えておくのもおすすめです。

毛先が開いたブラシでは歯磨きをする意味がありません。大人も一緒ですが、実は使い捨て歯ブラシの交換目安は約1か月と非常に短いのです。気を付けることがたくさんありますが意識して磨いてあげましょう!

仕上げ磨きを楽しく楽にできるアイテムを紹介!

仕上げ磨きは、気にしなければいけないポイントがたくさんあって毎日だとちょっと疲れてしまいますよね。親子で楽しく簡単にできる方法がないか気になったもの調べてみました!是非活用してみてくださいね!

 

サンスター Doクリア LEDソフト仕上げ歯磨き歯ブラシ
子ども用音波振動の電動アシスト歯ブラシです。
LEDライトがついているので口の奥までくっきり見ることができて約2分で振動が停止する仕組みになっています。しかもミラー付なので磨き残しがないか、見えにくい歯の裏側のチェックすることもできます。

大人がごしごし動かす必要もないので、仕上げ磨きが楽に行えると話題になっています。口コミ評価も高く、使用ユーザーの約9割が継続購入を希望しているそうです。

「光る歯ブラシがかっこいい!!」と子どもの食いつきもいいようですよ!

 

テテオ はじめて歯磨き 仕上げ歯磨き用
毛先が小さく握りやすいひし形グリップの歯ブラシです。

歯科医で使われている器具を参考にし15度に傾いたネックが特徴的な仕上げ磨き専用の歯ブラシです。虫歯になりやすい奥歯の汚れを掻き出しやすく、専門医との共同開発で生え始めから長く使うことができます。開発メーカーのテテオは、安心のベビー用品ブランドなので使っている方も多いです!

 

プローデント フロスちゃん 子ども用
子ども用のデンタルフロスです。柔らかい素材で出来ていてヘッドが180度曲がるので小さな子どもの歯にも使いやすいです。

歯と歯の間は磨き残しが多く虫歯のできやすい場所です。フロスをあまり使わないのは日本人くらいで、予防歯科の概念が浸透しているスウェーデンやアメリカなどの海外では幼いころからフロスを使う習慣が根付いています。動物の可愛いデザインにもなっていてお値段も安いので毎日のケアに取り入れやすい商品です。

 

小学館 めばえ おけいこぶっく
子どもが大好きなキャラクターたちが集合しているめばえのおけいこぶっくです。

歯磨きタイムを楽しく過ごせるお話やDVD、上手にできた時のごほうびシールなど子どもの「好き」が詰まった素晴らしい本です。

歯磨きの他にもあいさつや知育、歌、英語遊びなど日常生活の基礎を楽しく学ぶことができます。短めのお話も載っているので1冊持っておくと仕上げ磨き以外にも子供のモチベーションを高めるために非常に便利な本です。

 

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう 作;くぼまちこ アリス館
歯ブラシを電車に見立てて歯磨き嫌いな男の子の口の中をきれいにしていくという内容の可愛い絵本です。歯が駅になっているのも面白い工夫ですね。

特に男の子に人気がありそうですが、優しく可愛らしいタッチの絵本なので女の子も楽しめそうな絵本です。絵本を一緒に読んだら歯磨きをする、と習慣づけると歯磨きに対する抵抗感を和らげることができそうです。

 

新世代の子供用歯磨き粉 ブリアン
口内の善玉菌の力を利用して虫歯ができない口内環境を作ることができる世界で初めての子供歯磨き粉です。

仕上げ磨きにブリアンをおすすめするのでは、磨き残しがあっても大丈夫というメリットがあるためです。

従来のブラッシングメインの歯磨き粉と違い、BLIS M18と呼ばれる虫歯の原因菌だけを攻撃する特殊な善玉菌による虫歯予防のアプローチを取ります。仕上げ磨きもブリアンを塗りこむように軽くブラシするだけで十分なため子供が歯磨きを痛がり、暴れることがなくなります。

若干値段が高いので値段を気にしない方にはおすすめの商品です。
ブリアンの詳細はこちらの「世界初の子供用歯磨き粉ブリアンの効果や口コミ、副作用など総力特集!|」を御覧ください!

 

わざわざ何かを購入するのは…と思う方は、動画サイトに歯磨きに関しての歌や動画が多く投稿されていますのでそちらを活用されるのも効果的です。

歯磨きの時だけは動画を見ていいよ、と決めてご褒美感覚で利用するのもおすすめです。定番の「はみがきじょうずかな」や懐かしい「むしばのうた」など色々ありますよ。一度見てみてくださいね!

仕上げ磨きのコツ まとめ

仕上げ磨きをすることは、子供に虫歯ができにくい口内環境をプレゼントしてあげることです。

もしお話ができる年齢の子どもであればどうして嫌がるのか一度耳を傾けてあげてください。

自分が気づいていなかった意外な理由もあるかもしれません。どうしても嫌がってしまう場合は、上記のアイテムをどんどん取り入れてみてください。

子どもにはなるべく歯医者で辛い思い、怖い思いをして欲しくありませんから、ご家庭でできることから始めていきましょう!